のぼりでイベント会場に集客できる方法

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

のぼりを設置することで店舗外への訴求効果を狙う場合には、イベント内容がはっきりとわかるような効果的なデザインを採用することが大事です。旗そのものの効果と設置する場所、数量も考慮すると対外的なアピールへの影響をおおよそ把握することができます。通行量の多い場所は様々な店舗がいろいろな広告を出しているために、人目に入る情報は限られたものになります。情報量が多いと人は自分が興味のあるものにしか目を向けないために、それ以外に目を向けることはほとんどありません。競合が存在する中で自社の催し物を成功させるためには、全体的な仕掛けの中から効果を考えなければいけません。催し物を開催する告知からその内容を知らせ、会場までの誘導までも考えると、数量の効果の重要性を考える必要があります。

集客を兼ねた効果的な告知方法を考える

のぼりは店内外のイベントを行うときなどに、広範囲に向けたアピールを目的に設置する広告のひとつです。設置する場所によって視認性や効果は大きく、集客増にも役立てることができます。交通量の多い場所に面していればそれだけ多くの人の目に留まり、興味をひくことができます。交通量の内容によって設置する本数を増やすことで、歩行者だけでなくドライバーをはじめとした多くの人の目に留まる可能性が上がります。人通りの多い場所には様々な広告や看板が所狭しと立ち並び、いろいろな種類のポップが目に入ってきます。交通の便が良い場所や人が密集する場所の情報量は非常に多いために、その中から特定の店舗だけを目立たせるにことは難しいといえます。周囲の状況や景色なども考えに入れて効果的な設置を考えることが重要です。

効果的な設置方法と数量を考える

のぼりの効果をイベントで発揮するには数量を考える考慮することが大事です。旗の存在は遠くからでも確認することができるので、どのような内容であるかの確認ができることがまず必要です。そのためにはターゲットを歩行者にするのかドライバーにするのかを絞ることも大事になってきます。必要に応じて対象となる年齢にアピールしやすいデザインを考えることも大切ですし、開催している場所が必ずわかることが重要です。通りから見て賑やかそうな店舗は入店しやすい雰囲気があり、来店者の興味をひきやすくなります。屋外広告は一目でわかるシンプルなデザインと、視認性が大事になります。どのような店舗でどんな催し物が開催されているのかが理解できると、多くの人が足を止めて来店する雰囲気づくりに役立ちます。

ピックアップ記事

のぼりの生地の種類をコストと目的で使い分ける

のぼりは風に吹かれて揺れる様子が道行く人の関心を引き、効果的にセールやサービスの内容を告知出来る方法のひとつです。その生地にはさまざまな種類があり期間限定のセールの告知など利用する期間が一過性のものは...

大きさ色々、のぼり旗でアピールする

飲食店など店舗の店先に、のぼり旗がたくさん設置されています。ファミレスの店頭などでは、季節のメニューが変わったことを把握するケースも多々あります。冬になれば牡蠣のメニューや、夏は辛いカレーだったり、シ...

のぼりで飲食店の魅力をアピールする方法

人気の店舗は外装や店内の雰囲気作りもよく考えられていて、たくさんの人が訪れたくなる魅力をたくさん備えています。のぼりも飲食店にとってはおなじみの宣伝方法のひとつですが、設置する場所や見せ方によっても、...

のぼりでイベント会場に集客できる方法

のぼりを設置することで店舗外への訴求効果を狙う場合には、イベント内容がはっきりとわかるような効果的なデザインを採用することが大事です。旗そのものの効果と設置する場所、数量も考慮すると対外的なアピールへ...


メリット