のぼりで飲食店の魅力をアピールする方法

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の店舗は外装や店内の雰囲気作りもよく考えられていて、たくさんの人が訪れたくなる魅力をたくさん備えています。のぼりも飲食店にとってはおなじみの宣伝方法のひとつですが、設置する場所や見せ方によっても、集客の効果を上げる重要な販促方法です。見た目の第一印象でほかと比較して見劣りすると、それで店舗の雰囲気まで判断される場合もあります。アピールするポイントが明確であれば、何を売りたいかをはっきりとさせることができます。売ることに徹することができれば、何がセールスポイントなのかを顧客に明確に表現することができます。売りたいものが理解できていればセールスポイントのイメージもおのずとわいてくるので、それをいかにデザインの中に生かすことができるかが重要になります。

顧客が店舗に入りたくなるきっかけづくり

派手なデザインは人の目にも止まりやすく広告としての効果は上がりますが、デザインがありきたりのものであると集客効果にも響くことになります。のぼりは飲食店に欠かせない屋外広告の方法のひとつですが、派手なばかりの既製品のありきたりなデザインでは、多くの人の注目を集めることはできません。集客を上げようとすると目立つデザイン以外にも店のカラーや特色がはっきりと表現できていたりすると、広告としての効果は非常に高くなります。広告を見た印象がそのまま来店する動機になることは、デザインの見せ方も考えることが大切です。店舗の雰囲気づくりにも役立てることができれば、見た人が入りやすい環境や動機付けを作り出すことができます。集客につながる部分のコストは、カットを考える前に効果に注目すべきです。

顧客の視点に基づいたイメージづくり

のぼりで表現する飲食店のイメージはおいしいものをゆっくりと味わえる雰囲気など、アピールしたいポイントを明確にすることです。メニューやサービスの名前ばかりを書いても、見た人のイメージは様々なのでありきたりの表現ではとても入店しようとは考えないかもしれません。特徴のある飲み物などをアピールしても、写真の使い方などでせっかくの雰囲気を壊すこともあります。売りたい商品を明確にして店舗の核となる要素をはっきりと明示することで、集客率の向上を期待することができます。設置場所の視点や見え方で効果が変わることもあります。顧客の立場に立って冷たいものが飲みたくなった時など、どの店舗を選びたくなるかのイメージを膨らませると、たくさんの人が利用してくれる店舗を想像することができます。

ピックアップ記事

のぼりの生地の種類をコストと目的で使い分ける

のぼりは風に吹かれて揺れる様子が道行く人の関心を引き、効果的にセールやサービスの内容を告知出来る方法のひとつです。その生地にはさまざまな種類があり期間限定のセールの告知など利用する期間が一過性のものは...

大きさ色々、のぼり旗でアピールする

飲食店など店舗の店先に、のぼり旗がたくさん設置されています。ファミレスの店頭などでは、季節のメニューが変わったことを把握するケースも多々あります。冬になれば牡蠣のメニューや、夏は辛いカレーだったり、シ...

のぼりで飲食店の魅力をアピールする方法

人気の店舗は外装や店内の雰囲気作りもよく考えられていて、たくさんの人が訪れたくなる魅力をたくさん備えています。のぼりも飲食店にとってはおなじみの宣伝方法のひとつですが、設置する場所や見せ方によっても、...

のぼりでイベント会場に集客できる方法

のぼりを設置することで店舗外への訴求効果を狙う場合には、イベント内容がはっきりとわかるような効果的なデザインを採用することが大事です。旗そのものの効果と設置する場所、数量も考慮すると対外的なアピールへ...


注意点